最終更新日:2022年10月27日

 ※自治体ごとに示し、自治体の並び順は五十音順です。
 ※一覧の見方に関しては、こちらをご覧ください。

 

目次

大郷町

栗原市

小牛田町

塩竃市

七ヶ浜町

仙台市青葉区

仙台市太白区

仙台市若林区

多賀城市

名取市

古川市

美里町

 

 

大郷町

阿弥陀堂遺跡

20180413

 

 

栗原市


伊治城跡

20180413

小野小町の墓

20180413

 

 

小牛田町

66
京銭塚古墳

説明板には中期の古墳とあるが、前方後方墳ということで前期の築造だろう(東北地方の古墳は遅れているという昔の考え方の名残かも知れない)。

20180413

? 50?
保土塚古墳

現状から判断すると55mの円墳だが、前方後円墳であったとも考えられている。

20180413

 

 

塩竈市


志波彦神社

20160513
20210918A
20220701A


鹽竈神社

20160513
20210918A
20220701A


鹽竈神社博物館

20160513

 

 

七ヶ浜町


大木囲貝塚

20210918A
20220701A


七ヶ浜町歴史資料館

20210918A
20220701A

【ランチ・お土産】うみの駅 七のや

七ヶ浜町歴史資料館の近くで食事をするなら「七のや」がお勧め。隣には町の観光案内所もある。
丼や麺類などの種類が豊富だが、海鮮丼はとくにお勧め

 

 

仙台市青葉区


仙台城跡

20050809

 

 

仙台市太白区


地底の森ミュージアム(富沢遺跡)

20210918A
20220630A


山田上ノ台遺跡

20210918A
20220630A


仙台縄文の森広場

20210918A
20220630A


郡山遺跡

20160512
20180413
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220630A


郡山中学校ピロティ

20160512
20180421C
20180616C
20190427C
20220630A

北目城跡

20160512

 

 

仙台市若林区

110
遠見塚古墳

110m(説)

20160512
20180413
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220630A

55
法領塚古墳

7世紀前半に造られた径55mの円墳。この大きさは、円墳としては宮城県内では、雷神山古墳の隣にある小塚古墳と並んで最大級である。ただし、現在は墳丘はかなり削られてしまっている。

古墳はウルスラ学院の構内にあるため、平日であれば事前の予約で見学することができ、かつ、横穴式石室の扉の鍵も貸してくれる。

横穴式石室も東北地方最大級で、現在残っているのは玄室のみだが、元々は10m以上はあったはず。

法領塚古墳の周辺も6世紀の頃は人口が希薄になるが、7世紀になって再び活性化してきて、このような大型の古墳を築造するだけの有力者が出現した。

その時代は全国的には国造の時代だが、先代旧事本紀を読む限りでは、断定はできないものの、仙台に国造がいたようには見えない。おそらく、国造の配置の北限は阿武隈川下流域である。つまりは、国造の範囲外に、国造級の墓が造られたことがとても面白いのだ。

ただし、その後の歴史を見ても分かる通り、東北地方の行政は他地域と違って特殊なことが多いため、国造ではない何か違う地方首長が蘇我氏によって任じられていた可能性もある。

6世紀末から7世紀中葉にかけて、のちに初代陸奥国府ができる郡山遺跡に集落跡が形成され、その集落を作った人々は千葉県の印旛沼周辺からやってきたと思われ、印波国造などが仙台の開発に活躍した可能性があり、これと同様に関東か南東北からやってきた人びとの中でこの地で権力を得た者があったのだろう。

20160512
20220701A


陸奥国分寺跡

20160512
20210919A
20220701A


史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設

20210919A
20220701A


陸奥国分尼寺跡

20160512
20220701A

若林城跡

20160512


少林山 保春院

20160512

 

 

多賀城市


多賀城跡

20160513
20180413
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220701A

多賀城碑

20160513
20180413
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220701A


荒脛巾神社

20160513
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220701A


多賀城神社

20160513


多賀神社

20160513


貴船神社

20160513

伏石

20160513


館前遺跡

20160513
20180421C
20180616C
20190427C


多賀城廃寺跡

20160513
20180413
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220701A


多賀神社

20160513


陸奥総社

20160513
20180413
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220701A


東北歴史博物館

20160513
20180421C
20180616C
20190427C
20210918A
20220701A

 

 

名取市

65
観音塚古墳

飯野坂古墳群

20160512
20210919A
20220630A

60
宮山古墳

飯野坂古墳群

20160512
20210919A
20220630A

65
薬師堂古墳

飯野坂古墳群

20160512
20210919A
20220630A

65
山居古墳

さんきょこふん
飯野坂古墳群

65m(説)

20160512
20210919A
20220630A

40
山居北古墳

飯野坂古墳群

20160512
20210919A
20220630A

14.4
観音塚北1号墳

飯野坂古墳群

20210919A
20220630A

14.2
観音塚北2号墳

飯野坂古墳群

20210919A
20220630A

168
雷神山古墳

4世紀後半に築造された墳丘長168mの前方後円墳で、東北地方最大を誇る。高さは後円部12m、前方部6m、3段築成ですべての法面に葺石が認められる。1段目は地山を削って成形し、2・3段目は盛土で構築している。

後円部径と前方部幅が同じで、このデザインは渋谷向山古墳(現景行天皇陵)と同じで非常にヤマトチック。前期ヤマト王権の影響力が宮城県域にまで及んでいたことを如実に表している。

4世紀には、雷神山古墳のすぐ西側に飯野坂古墳群の前方後方墳が継起的に築造された。

南東北の古墳文化はそれ以前の弥生文化を継承しておらず、土器を見ると、弥生時代の末期頃、太平洋側は南関東から、日本海側は北陸から多くの移住者があったことが分かる。古墳時代初頭の関東地方には濃尾の人びとが大量に移住してきているが、彼らは東北にも進出している。

仙台平野には、南から移住してきた古墳文化人と、アイヌ語を操る続縄文人(江別文化人)が混在していた。続縄文人の目には、自分たちの集落の近くに築造された大型古墳はどのように映ったのだろうか。王権にとっては、古墳はその権力をアピールする装置として機能した。

4世紀後半にヤマト王権が東北南部に積極的にアプローチしたのは、南下してきた続縄文人との交易が最大の目的ではなかっただろうか。反対に続縄文人も交易によってメリットを享受できたはずだ。

前方後円墳の築造は、4世紀のうちには宮城県北部まで及び、少しの間を空けて、5世紀後半になると岩手県奥州市に角塚古墳が築造される。宮城県北部では、4~5世紀の住居跡が多数検出されており、大型古墳を築造するための経済的・労働力的基盤があったことが分かる。

20160512
20180413
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220630A

54
小塚古墳

20160512
20180413
20180421C
20180616C
20190427C
20210919A
20220630A

90
名取大塚山古墳

7期
20210919A

賽ノ窪古墳群

20210919A


三十三間堂官衙遺跡

20160512

 

 

古川市


名生館官衙遺跡(名生城跡)

20180413

 

 

美里町


新山前貝塚

20180413


山前遺跡

20180413


山神社

やまのかみしゃ

20180413

一覧へ戻る