古墳時代初頭の甲斐の様相

 山梨県は縄文遺跡の宝庫として著名だが、甲府盆地では弥生時代前期から中期にかけての遺跡は少ない。ところが、弥生時代も終わりに差し掛かった頃、静岡県の天竜川以東地域から相模湾西部地域に勢力を張っていた帯縄文土器群の集団が山を越えて曽根丘陵や峡西地域に進出してきた。その集団が築造したのが上の平周溝墓群である。

 上の平遺跡の方形周溝墓は大部分が隅の一か所に陸橋を残すタイプであるが、立石遺跡の第9号方形周溝墓の周溝は一辺のほぼ中央に陸橋を設け、狭間Ⅱ期からⅢ期への移行過程の垂下口縁壺(パレススタイル壷)が出土したこともあり、上述の集団以外にも濃尾勢力も進出を企てたようだ(『山梨県埋蔵文化財センター調査報告書 第110集 立石・宮の上遺跡』山梨県教育委員会/編)。

 また、甲府盆地北部の八ヶ岳山麓には信濃地方から櫛描文土器群を使用する人びとがやってきて一つの地域勢力を形成。彼らは朝鮮半島との交易ルートを持つ人々であることが墓の副葬品から分かる。

 このように、古墳時代幕開け時の甲斐は、さまざまな出自を持った勢力が入り乱れた様相を呈しており、まだ「甲斐」という一つの文化地域を形成するには至っていなかった。

 

甲斐の古墳編年

 ここで山梨県の古墳編年を示す。下図は、『帝京大学文化財研究所研究報告第19集』所収「山梨県笛吹市亀塚古墳の研究」(櫛原功一/著・2020年)より転載したものだ。小平沢古墳の登場によって、甲斐の古墳時代の幕が上がるが、近年注目されているのは、この図では白抜きになっていて築造時期が確実に決まっていない亀甲塚古墳で、甲府盆地には早くから中道地域以外にも大きな力を持った勢力がいた可能性がある(亀甲塚古墳の項を参照)。

 上の表からも分かる通り、甲府盆地では4世紀後半まで方形周溝墓の築造も続いており、龍王・甲府周辺では、後期から終末期の古墳の造営が盛んになるが、前期の支配者層は方形周溝墓を築造していたことが分かる。

 県立考古博物館に展示してある甲府市千塚の榎田遺跡(甲府駅の北西約3.5㎞)出土のS字甕。榎田遺跡では、陸橋が一辺の中央にあるタイプの方形周溝墓が見つかっており(1号墓)、このようなS字甕が出土している。

 S字甕は東海勢力かもしくはその影響を受けた人びとが作った土器で、この形式はおそらく古墳時代前期前半のころのもの。S字甕は甲府盆地の遺跡からはよく見つかる。

甲府市


上の平遺跡

うえのだいらいせき
上の平方形周溝墓広場

方形周溝墓群の復元を見られる場所としては国内最大級で、ホーケーシューコーバー垂涎の遺跡。

発見されたのは128基(説明板によるが、考古博物館のパネル展示では125基)で、築造時期は弥生時代末期の2世紀末から3世紀前半にかけて。四隅の一か所に陸橋を残すタイプがほとんどだが、陸橋の方位は遺跡全体で統一が取れているわけではない。住居跡は見つかっておらず、ここは完全な墓域であった。かなりの密集度を示し、切りあいも多いが、切りあっている場合も周溝までで丘を潰してその上に新たな墓を作ることはしていない。

表示されているのはそれらのうちの35基。最大規模の1号墓(約23m×約18m)とその周辺の2号墓、3号墓は当時の様子に近いイメージで復元され、残りの32基は植栽によって表現されており、迷路遊びができるようになっている。

圧倒的な景観には興奮を禁じ得ない。

20191128
20210528A
20210731A
20220420A

45
小平沢古墳

こひらさわこふん

山梨県で唯一の前方後方墳にして県内で最初の古墳。

前方後方墳によくある山頂の立地で、とくに整備はされておらず、冬であれば藪が薄いため墳丘に登ることができる。説明板も標柱もない。

S字甕が出土していることから、栄えある甲斐初の古墳は東海勢力の末裔が築造した模様だ。様々な出自の勢力が甲府盆地での覇権を争った中、4世紀初頭の頃には東海系勢力が一歩抜きに出た存在であった可能性が高い。

45m(DB)
2~3期

20191128


169
甲斐銚子塚古墳

かいちょうしづかこふん

2018年11月7日撮影
2018年11月7日撮影
2018年12月23日撮影
2019年3月13日撮影
2019年3月13日撮影
2019年3月13日撮影
2021年7月31日撮影
2022年4月20日撮影

丸山塚古墳の西側にある墳丘長169mを誇る山梨県最大の前方後円墳。築造された4世紀後半の時点では東日本最大の規模を誇り、ヤマト王権の東国への勢力伸長を考察する上ではこの上なく重要な古墳。

いつ訪れても綺麗に整備されており、ここを初めて訪れた多くの方が、「山梨にもこんなに大きくて綺麗な古墳があったんだ!」と感動する。

墳頂からの眺望も素晴らしく、季節ごとにそれぞれの美しい景色が見られるため、何度訪れても飽きない。

3~4期
169m(説)

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A
20220515P

甲府駅南口には煮干しラーメンの「匠庵」があります。つけ麺好きならつけ麺をチョイスしましょう。飲んだ後でもいけます。

72
丸山塚古墳

まるやまづかこふん

2018年11月7日撮影
2021年5月28日撮影

5世紀初頭に築造された径72mの山梨県最大の円墳。円墳でこのサイズは全国的に見ても大きい。中道地域で築造された最後の大型古墳。

72m(説)

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A
20220515P

26
かんかん塚古墳

県立考古博物館に隣接して多くの遺跡があるが、博物館を出て歩き始めると、まずは古墳時代中期の円墳である「かんかん塚古墳」と中世の塚である「さかづき塚」が現れる。

かんかんづか古墳は5世紀後半に築造された径26mの円墳で、5世紀前半に築造された丸山塚古墳の72mと比べてかなり小さくなっている。

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A
20220515P

さかづき塚

紛らわしいが、古墳ではなく中世の塚。

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A
20220515P

26
岩清水遺跡1号墓

円墳状のものが3基並んでいるが、1号墓と2号墓は古墳時代中期に築造された墓で、研究者によって円形周溝墓と呼んだり低墳丘墓と呼んだりしている。

1号墓の直径は26m。

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A
20220515P

30
岩清水遺跡2号墓

2号墓の直径は約30mで、1号墓ともども周溝墓としたら最大級のものになる。古墳時代中期に至ってもこういった墳墓を古墳と呼ばず、周溝墓と呼んだり、低墳丘墓と呼ぶということは、一線を越えることのできない何かが存在するのかもしれない。なお、名称上のアイコンは円墳としておいた。

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A
20220515P

岩清水遺跡3号墓

3号墓は弥生時代後期の円形周溝墓。とても小さくて可愛らしいので、登頂するのが可哀そうな気がします。

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A
20220515P

八乙女古墳石棺移築

20181107
20210528A
20210731A
20220420A


山梨県立考古博物館

やまなしけんりつこうこはくぶつかん

甲府市下曽根町923
055-266-3881

月曜休館
9時~17時
一般220円

⇒公式サイト

一の沢遺跡と酒呑場遺跡を大きくフィーチャー
一の沢遺跡出土・深鉢
一の沢遺跡出土「いっちゃん」(上記写真の一の沢コーナーとは別の場所にいますので探してみて)
酒呑場遺跡出土・深鉢
県内出土の縄文土器が草創期から晩期まで大集合
殿林遺跡出土・深鉢
濃尾勢力進出の証であるS字甕もある

大丸古墳出土・石枕(複製)

鳥居原狐塚古墳出土・赤烏元年銘神獣鏡(複製)とその復元品

旧石器時代から近世甲府城跡までの各時代の遺物が大集合しており、とくに縄文時代と古墳時代の展示は質量ともに素晴らしい。

楽しくて仕方がないため油断しているとすぐに時間が経過するため時間がない場合は気を付けよう。

ザーッと流すだけなら1時間、少し落ち着いて見るのなら2時間、じっくり見るのなら3時間。たまに開催している企画展も素晴らしいことが多いため、場合によってはプラス1時間必要か。

何度訪れも飽きないし、また行きたいと思う博物館だ。

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A
20220515P

考古博物館の見学後のランチ、もしくは見学前の腹ごしらえには、博物館近くの「宮古」がお勧め。ヴォリューム満点のランチがいただけます。山梨はほうとうが有名ですが、夏は冷たいうどんも美味しいですよ。

ソースカツ丼セット

天丼セット

 

笛吹市


花鳥山遺跡

はなとりやまいせき

縄文時代前期後半の集落跡で、現在はリニアモーターカーの実験線が見下ろせることで有名。

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C


一の沢遺跡

いちのさわいせき

一の沢遺跡出土のいっちゃん

山梨県立考古博物館の人気者・いっちゃんが出土した縄文時代中期を中心に展開した集落跡。ただし、説明板も標柱も立っていない。

20191128

40
亀甲塚古墳

現状では円墳に見えるが、元々は前方後円墳か帆立貝形古墳であったことが古墳の名前から推定できる。

『帝京大学文化財研究所研究報告第19集』所収「山梨県笛吹市亀甲塚古墳の研究」(櫛原功一/著)によると、墳形に関しては「現段階で言及するのは厳しい」とするものの、「あえて推測するならば」として、内径32mの周溝の内側に直径25m以上、高さ4m程度の後円部をもつ全長40m以上の前方部が低平な前方後円墳と考えられるとしており、その築造時期は、3世紀後半から末としている。

果樹園の中にあるため、所有者の許可をいただいて見学しよう。

20191128

92
岡銚子塚古墳

おかちょうしづかこふん

2018年11月7日撮影

2018年11月7日撮影
2021年5月28日撮影
2021年5月28日撮影
2021年5月28日撮影
2022年4月20日撮影

甲斐銚子塚古墳の弟分のような雰囲気を漂わせる前方後円墳で、墳丘長は92mある。

甲府盆地はなんとなく古代から一つのまとまりであったように考えがちだが、甲斐銚子塚古墳のある中道地域とは別に、この地域では、もし亀甲塚古墳が前期前半の築造となると、中道とは別系統の勢力がいて、岡銚子塚古墳がその系譜に連なる可能性が高い。ただし、両者が並び立っていたとしても、墳丘の大きさからすると中道の勢力の方が力があったと想定できる。

この古墳からも甲斐盆地の素晴らしい眺めが見られる。

92m(説)

20181107
20210528A
20210731A
20220420A

山梨に来たら必ず食べたくなるのが「鳥もつ煮」です。甲府駅近くの飲み屋でも食べられるので飲みながらでもいいですし、ランチでしたら「奥藤本店」の手打ち蕎麦と鳥もつ煮の定食や、鳥もつをご飯と一緒にたらふく食べたいなら、鳥もつ丼がお勧め。大盛は結構多いので要注意。ランチタイムは行列に並ばないといけないかもしれません。

23
盃塚古墳

2018年11月7日撮影
2021年5月28日撮影

岡銚子塚古墳のすぐ隣には、23mの円墳である杯塚古墳がある。

前方後円墳の横にその前方後円墳と比べても釣り合う大きさの円墳を配置するのは、甲斐銚子塚古墳と丸山塚古墳も同じで、全国を見渡しても散見できるため何か意味がありそうだ。

20181107
20210528A
20210731A
20220420A

26
狐塚古墳

26m(説)

20191128


八幡塚古墳

20191128

56
竜塚古墳

甲府駅方面へのズーム

5世紀に築造された56mの大型方墳で、この時代にこれだけ大きな方墳は全国的に見ても珍しく、多くの謎を秘めた古墳。

もし戦国時代にこの場所から眺めることができたら、信玄の軍勢が移動する様子が見られたであろう。

20191128
20210528A
20210731A
20220420A


姥塚古墳

南照院の境内にある円墳。横穴式石室が開口しており、その長さは15mもあり、全国的に見てもトップクラスの大きさの石室。玄室には入れないが、前室までは入れるため、その巨大さに驚いていただきたい。

※2021年7月31日に訪れた時は、崩落の危険があるのか、入室禁止になっていたが、翌年4月には復活していた。

20191128
20210528A
20210731A
20220420A


國立神社

姥塚古墳のすぐ近くにある神社。

山梨県神社庁のサイトによると、『甲斐国志』に国常立尊を祀るとあり、一説に国庁(国衙)に関連して創建されたともいわれている。また、同じ笛吹市の一宮町塩田にも国立神社があり、そちらは、国常立命とともに甲斐国造・塩海足尼が祀られている。

拝殿の前に立石があるのが面白い。

20191128

13
経塚古墳

きょうづかこふん

中部地方で唯一の八角墳。八角墳は、古墳時代終末期に天皇の墓にも採用されたデザインだが、なぜ甲斐にそれがあるのか、考えてみよう。
石室は開口しているが、柵があって中には入れない。

対角長13m(説)

20191128
20210528A
20210731A
20220420A


八代熊野神社

境内には3基の小円墳が残る。

20191128


地蔵塚古墳

20191128


甲斐国衙跡

20191128


甲斐国分寺跡

甲斐国分尼寺南側のより標高の高い場所にぼ隣接して造営された。

丘陵北側斜面にあるため、四神相応ではないが、やはりとても気持ち良い場所。

塔跡、金堂跡、講堂跡などに礎石が残っているが、石垣や水路が随所にみられるが、近代まで畑として利用されていた名残であろう。

20191128
20220420A


甲斐国分尼寺跡

北側には現代の甲州街道が走り、「石」交差点から南下したすぐの場所にある。南へ歩いてすぐの距離に国分僧寺跡があるが、尼寺跡の場所の方が標高は低い。

金堂跡と講堂跡の基壇が分かり、礎石が残っている。

20191128
20220420A

小山城跡

20191128


釈迦堂遺跡博物館

しゃかどういせきはくぶつかん

笛吹市一宮町千米寺764
0553-47-3333

火曜日・祝日の翌日休館
9時~17時
一般400円

⇒公式サイト

土偶と土器に重きを置いた洗練された展示

水煙文土器

優しい「しゃかちゃん」
気が強い「しゃっこちゃん」

中央高速の釈迦堂PAを作る際に発掘調査がなされた縄文時代の集落跡である釈迦堂遺跡から出土した遺物を展示する博物館。釈迦堂PAに車を置いたまま歩いて行くこともできる。

普通の縄文遺跡からはそれほど見つからない土偶がここでは1166点も見つかり、三内丸山遺跡が明らかになるまでは国内で最もたくさんの土偶が出た遺跡だった。

2020年にリニューアルオープンし、さらに展示が洗練され、とくに土偶の展示は圧巻だが、水煙文土器という山梨発祥の素晴らしい土器が見られることもこの博物館の大きな魅力だ。

じっくり見るなら最低でも1時間は欲しいし、企画展や特別展をやっている場合はその時間も勘案して見学時間をスケジューリングしよう。

20181107
20181201C
20181223C
20190313C
20190321C
20210528A
20210731A
20220420A

たまには贅沢をして、笛吹市内の「ゼルコバ」のフレンチはいかがでしょうか。ランチだったらリーズナブル。本当はワインも一緒に飲めれば良いですが、車で探訪しているときは無理ですね。予約してから行きましょう。

⇒ゼルコバ公式サイト


 

南アルプス市


南アルプス市ふるさと文化伝承館

みなみあるぷすしふるさとぶんかでんしょうかん

野牛島2727 「湧暇李の里」内 
055-282-7408

木曜日休館
9時30分~16時30分
入館無料

⇒公式サイト

ラヴィ
ぴーす

南アルプス市の歴史を考古遺物やパネル展示などで紹介する施設。

1階は弥生時代から近代までの展示で、中世の甲斐源氏についての知識も得られ、御勅使川や釜無川流域の人びとが昔から川の氾濫とどのように戦ってきたか、「水」とどのように付き合ってきたのかが非常によく分かる。

2階は、旧石器時代と縄文時代の展示室があり、とくに縄文遺物は、展示されている遺物自体が素晴らしく、非常に見やすく展示されている。目玉は、鋳物師屋(いもじや)遺跡出土の国指定重要文化財の土偶「ラヴィ」と、有孔鍔付土器の「ぴーす」。国宝級の素晴らしさだ。

スタッフの方が親切に展示解説をしてくれるのも魅力で、1階のミュージアムショップには拘りのグッズも売っているのでぜひ見てみよう。また、無料のパンフレット類がたくさんあるのも嬉しい。

スタッフの解説を聴きながらじっくり見るなら、見学時間は3時間は確保して訪問しよう。

20220515P


⇒都道府県別目次ページに戻る

 

探訪懸案箇所

・金生遺跡
・北杜市考古資料館
・北杜市郷土資料館
・大丸山古墳
・天神山古墳
・加牟那塚古墳
・万寿森古墳