最終更新日:2022年9月14日

 ※自治体ごとに示し、自治体の並び順は五十音順です。
 ※一覧の見方に関しては、こちらをご覧ください。
 ※長崎県は観光地として有名な対馬と壱岐を擁するため、遺跡以外に両島の景勝スポットもいくつか掲載します。

 

目次

壱岐市

雲仙市

佐世保市

対馬市

長崎市

波佐見町

東彼杵町

平戸市

 

 

壱岐市


原の辻遺跡

国の特別史跡。「魏志倭人伝」に記された一支国の王都と考えられ
ている大型環濠集落を中心とした弥生時代から古墳時代にかけての遺跡。現在は原の辻一支国王都復元公園として整備されている。

原の辻遺跡は壱岐で最も広い(長崎県で 2 番目に広い)深江田原平野の辺縁部の一段高い場所に立地し、幡鉾(はたほこ)川によって東側の内海(うちめ)湾と接続されており、弥生時代から海へのアクセスは良好だった。

20180825
20190127C


原の辻ガイダンス

原の辻遺跡について詳しく紹介したガイダンス施設で、一支国博物館で売られていない資料も販売されている。

20180825
20190126C


壱岐市立一支国博物館

壱岐内での代表的な遺跡である原の辻遺跡を中心として、壱岐の各遺跡から出た遺物などを展示する最新型の博物館です。住民のフィギュアを配した原の辻遺跡のジオラマは特に優れており、ずっと眺めていても飽きません。

20180825
20190127C

国指定史跡 壱岐古墳群

 『壱岐市文化財調査報告書 第20集 壱岐の島の古墳群~現状調査』(壱岐市教育委員会/編・2012)によると、該書が刊行された時点で確認されている壱岐の古墳の数は280基です。ただし、寛保2年(1742)に著された『壱岐国続風土記』には、総計338基が記載されているため、実際はそれ以上の古墳がかつては存在したと考えられます。

 それらの古墳の中で勝本町の双六古墳、対馬塚古墳、笹塚古墳、掛木古墳、それに芦辺町の鬼の窟古墳と兵衛古墳の6基が、「壱岐古墳群」の名称で平成21年に国史跡として指定されました。

 壱岐には国史跡になった古墳以外にもたくさんの見事な古墳があり、横穴式石室に入れる古墳が多いことも古墳マニアにとっては嬉しいわけですが、これらの古墳はほぼすべて、後期・終末期の古墳です。

 築造ラッシュが始まるタイミングとしては、筑紫君磐井が継体天皇に敗れた後なので、その段階でヤマト王権の影響力が一気に壱岐にまでおよんだのでしょう。事実、多くの横穴式石室に畿内の影響が看守できます。

 壱岐の古墳については、「壱岐風土記の丘 古墳館」で詳しく知ることができます。

 


壱岐風土記の丘 古墳館

20180826

91
双六古墳

そうろくこふん
壱岐古墳群

壱岐風土記の丘古墳館にて撮影
壱岐風土記の丘古墳館にて撮影

長崎県最大の前方後円墳
現地説明板なし
91m
9期

双六古墳は、全長 91m の前方後円墳で、長崎県内で最も大きな古墳。6 世紀代の古墳だが、同じ時代の畿内や関東の古墳とはまったく違う墳丘デザインで、新羅の影響が強いように思える。

20180826


笹塚古墳

ささづかこふん
壱岐古墳群

壱岐風土記の丘古墳館にて撮影
壱岐風土記の丘古墳館にて撮影


20180826


掛木古墳

かけぎこふん
壱岐古墳群

壱岐風土記の丘古墳館にて撮影
壱岐風土記の丘古墳館にて撮影

20180826


鬼の窟古墳

おにのいわやこふん
壱岐古墳群

壱岐風土記の丘古墳館にて撮影
壱岐風土記の丘古墳館にて撮影

国史跡・壱岐古墳群の 1 基で、直径 45m の大型円墳。昔の人は古墳を鬼の住処だと思いこのようなネーミングをすることがある。

壱岐にはいわゆる「鬼ヶ島伝説」があり、壱岐にはその昔、5 万匹の鬼が住んでいたところ、豊後国(大分県)から百合若大臣(ゆりわかだいじん)という若武者がやってきて、すべて退治してしまったそうだ。

石室の長さは 16.5m で、壱岐内で最長を誇るが、全国的に見ても長大な石室の部類に入る。

20180826

14
大塚山古墳

径14m(説)
20180825

百合畑13号墳

ゆりはた

20180826

百合畑14号墳

ゆりはた

20180826

百合畑15号墳

ゆりはた

20180826

百合畑16号墳

ゆりはた

20180826

百合畑17号墳

ゆりはた

20180826

百合畑18号墳

ゆりはた

20180826

15
松尾古墳(永田1号墳)

まつおこふん
永田古墳群

15m(説)
20180826


壱岐国分寺跡

20180826


文永の役 新城古戦場

言及ページ

20180825


弘安の役 瀬戸浦古戦場

少弐公園にある

右手に見える島は福岡市の小呂島(おろのしま)
少弐公園からは宗像の沖ノ島が見えることがある

20180826

少弐資時の墓

少弐公園にある

20180826

煙台

少弐公園にある

20180826

碇石

少弐公園にある

20180826

少貮の千人塚

20180826

生池城跡

20180826


勝本城跡

20180826

黒崎砲台跡

猿岩のすぐ近くには大正 11 年のワシントン軍縮条約によって廃艦となった戦艦土佐の主砲(40 センチ砲)を据え付けた黒崎砲台跡がある。当時は「東洋一の砲台」と呼ばれたが、一度も使用されることなく、終戦により撤去された。

20180826
20190127C


天手長男神社

壱岐国の一宮といわれる古社。天忍穂耳尊、天手力男命、天鈿女命を祀る。境内は鉢形城という中世の城跡とされているが詳細は不明。

20180826
20190127C


國片主神社

20180826

顎掛け石と六面十二菩薩

20180826

へそ石

20180826


月読神社

急な石段を上り詰めた場所に社殿がある。月夜見命、月弓命、月読命の 3 柱を祀っているが、すべて同一の神様ではないかと思わる。

20180826
20190127C


小島神社

一支国の王都・原の辻遺跡の海の玄関である内海(うちめ)湾に浮かぶ小島に素盞嗚尊(すさのおのみこと)が祀られている。潮が引いて参道が現れたときしか参拝することができない神社。

20180826
20190127C

はらほげ地蔵

20190127C

鬼の足跡

20190127C

猿岩

高さ 45m のこの奇岩は、もともと「生き物」だった壱岐島を固定しておくための
8 つの岩の一つという言い伝えがある。

20180826
20190127C

左京鼻

20190127C

岳ノ辻展望台

壱岐島最高所が標高 212.8 メートルの岳ノ辻(たけのつじ)。尾根上に展望所が設けられており、非常に眺望の優れた場所で、白村江の戦い(663)で唐・新羅に負けた翌年、烽(とぶひ=のろし台)が設置され、防人も配備された。なお、現在見ることのできる烽火台は復元されたものだ。

20180826
20190127C

 

 

雲仙市


守山大塚古墳

70m(説)
3~4期
長崎県で2番目に大きい前方後円墳
20220502P

 

 

佐世保市


泉福寺洞窟遺跡

20220501P


福井洞窟

20220501P


福井洞窟ミュージアム

20220501P


大野台支石墓群

20220501P


佐世保市うつわ歴史館

20220501P

 

 

対馬市

対馬の石屋根

20180824

万関瀬戸および万関橋

20180824

小船越

20180824
20190126C


阿麻氐留神社

20180824

梅林寺

20180824


豊玉町郷土館

写真撮影NG
20180824


和多都美神社

祭神は彦火々出見尊と豊玉姫命で、初代神武天皇の祖父母にあたる。延喜式内社の「和多都美神社」の論社。本殿の正面に配置された 5 本の鳥居のうち 2 本は海中にあり、鳥居の先には竜宮城があるのかもしれない。

20180824
20190126C


海神神社

対馬国一宮で、中世の頃は八幡神を祀り八幡本宮と呼ばれていた。明治 4 年に主祭神を豊玉姫命に改め現在に至る。宗像神なども配祀されている。

20180824
20190125C


峰町歴史民俗資料館

20180824


小茂田濱神社(元寇古戦場)

20180825
20190126C

矢立山古墳群

20180825
20190126C

万松院

江戸時代の対馬藩主宗氏の菩提寺で、歴代藩主の墓所は国指定史跡となっている。
元和元年(1615)、対馬府中藩第 2 代藩主・宗義成が初代藩主・義智の追善供養のため、金石城の西隣に創建した松音寺(臨済宗)が始まりで、元和 8 年に義智の法号に因んで万松院と改め、寛永 12 年(1635)には天台宗に改宗。

20190126C

椎根の石屋根倉庫

20190126C

上見坂公園(砲座跡)

明治政府は仮想敵国であるロシアが攻めてきた場合、上述の小茂田浜から上陸してくると想定し、明治 34 年から翌年にかけて上見坂堡塁を築造。設置されたのは 15 センチ加農(カノン)砲が計 4 門で、幸いなことに一度も使用されることなく昭和となり、太平洋戦争も終わり、戦後は公園
として整備された。

20190126C

 

 

長崎市


曲崎古墳群

20220502P

 

 

波佐見町


波佐見町歴史文化交流館

20220430P

 

 

東彼杵町

58.8
ひさご塚古墳

58.8m(説)
長崎県で5番目に大きい前方後円墳
3~4期(現地説明板によると5C前半から中頃)
20220501P

 

 

平戸市


入口遺跡

標柱・説明板等なし
20220501P

60
岳崎古墳

たけざきこふん

長崎県で4番目に大きい前方後円墳
60m(説)
4~5期
20220501P

34
笠松天神社古墳

34m+(説)
4期
20220501P

松浦鉄道西九州線 たびら平戸口駅

駅には鉄道博物館が併設されている

鉄道博物館内ではNゲージで遊べるぞ

「海鮮ちゃんぽん平戸」で食べることを計算して訪れよう
海鮮だけでなく、「肉ちゃんぽん」も凄く美味しい

20220501P

 

一覧へ戻る