【残席1名様】4/24~26【3日連続】石見の歴史 <第N次 AICT>

 

講座概要

 島根県と言えば出雲国に注目が集まりがちですが、石見国にも興味深い歴史が眠っています。スクモ塚古墳は、2022年11月の発表で、松江市の山代二子塚古墳を抜いて、島根県で最大の古墳であることが分かりましたが、このような新たな発見があることから想像できる通り、石見国の歴史の魅力は奥深いものがあるといえるでしょう。

 同じ島根県でも出雲と石見とでは様相が異なりますので、どんな違いがあるのかを見つけて楽しんでください。

 なお、本現地講座に前に連続する形で出雲の現地講座を行う予定です。石見のみならず、島根県全体を知りたい方は、そちらへの参加もお勧めします。

  出雲の現地講座の募集ページはこちら

 ※本現地講座は自動車を使用します。

 

本講座のテーマ

 AICTの掲げるテーマの内、本講座は主として「◎」に該当します。

旧石器時代日本人のルーツと列島文化の始まりを探る
縄文時代土器と土偶を楽しもう・列島各地の多様な縄文文化に触れる
弥生時代列島各地における国ぐにの発生と邪馬台国の謎を追う
古墳~飛鳥時代リアル日本書紀・ヤマト王権の確立と古代国家成立への軌跡を探る
古墳~飛鳥時代列島各地の古墳をめぐろう・諸国古墳探訪 石見編
奈良~平安リアル続日本紀・列島各地に残る律令国家を見る
その他戦国期~近世の石見銀山と城郭

 

開催日

2024年4月24日(水)~26日(金)

 

集合場所と出発時刻

以下の便で出雲空港までお越しください。

羽田空港10:10発 出雲空港11:35着 JAL 279

※陸路にていらっしゃる方は相談させてください。

 

宿泊場所

1泊目:浜田駅近くでお取りください ※稲用はルートイン浜田駅前を予約しました(1月10日追記)
2泊目:益田駅近くでお取りください ※稲用は益田グリーンホテルモーリスを予約しました(同上)

※ホテルが少ない地域ですので、駅近くで取れない場合は、多少離れていても車で送迎いたします(ただし、その場合は出発時刻が他の方よりも早くなることがあります)。

 

解散場所と帰着時刻

以下の便に乗れるように出雲空港まで戻ります(おそらく早めに空港に着くと思いますが、ご了承ください)

出雲空港19:30発 羽田空港20:45着 JAL286便

※これの1本前は難しいため、これしかありません。

 

探訪箇所

 

【1日目】

 1日目は石見銀山に集中します。

 


石見銀山世界遺産センター|大田市

 


石見銀山|大田市

 中世末頃から近世初頭にかけて創業した我が国最大の銀山。戦国時代には大内氏と尼子氏によって争奪戦が繰り広げられたため城郭遺構もあります。広大で見どころが多いため、現地のツアーへの参加検討も含めて参加者皆様と詳しい行程を詰めたいと思います。

 ※時間的には、13:30に世界遺産センターに到着し、閉館まで見学時間を確保する予定です。

 

【2日目】

 2日目は古墳めぐりの日です。同じ島根県でも出雲との違いが多くありますので、そういう点を気にしながら古墳を歩いて見ましょう。

 

69
周布古墳|浜田市

 5C後半に築造された前方後円墳。石見国内で3番目の大きさです。石見では出雲とは異なり、中期に比較的大きめの前方後円墳を築造しています。

 

11
片山古墳|浜田市

 終末期の方墳で、横穴式石室が開口しています。

 


伊甘神社|浜田市

 石見国総社。石見国庁跡といわれ、境内には国府跡の石碑が建っています。

 


浜田市浜田郷土資料館|浜田市

 浜田は律令時代に石見国の中心となった地です。そんな浜田市の歴史について幅広く説明している施設です。

 

96
スクモ塚古墳|益田市

 島根県最大の前方後円墳。葺石や埴輪を備え、4世紀後葉には石見国にヤマト王権の前方後円墳と同等の大型前方後円墳が築造されたように思えますが、実態はどうでしょうか?現地で実際の古墳を見て確認してみましょう。

 

85
大元1号墳|益田市

 4C後半に築造された大型前方後円墳。石見国で2番目に大きい古墳です。

 

52
小丸山古墳|益田市

 6世紀初頭に築造された墳丘長52mの前方後円墳。古墳時代後期を見ると、大きさでは出雲では負けてしまっていますが、それがどのような政治状況の反映なのか古墳を見ながら考えてみましょう。

 


鵜ノ鼻古墳群|益田市

 6世紀後半から7世紀にかけて築造された群集墳。その数は、30mほどの前方後円墳4基や、一辺13mの方墳を含めて約30基で、その中で比較的保存状態の良い19基が県指定史跡となっています。

 

【3日目】

 最終日の3日目は、城郭や旧石器時代や縄文時代、そしてホモサピエンス以外の人類の遺跡の可能性のある砂原遺跡などバラエティに富んでいます。

 


津和野城跡|津和野町

 日本100名城。標高362メートルの霊亀山(れいきさん)の上に築かれた山城で、まさに「天空の城」の佇まい。比高差は約200mありますが、リフトを使って行けば麓から歩いて登らなくて済みます。元は中世城郭ですが、江戸初期に坂崎直盛によって高石垣の近世城郭に生まれ変わりました。

 


津和野町郷土館|津和野町

 火曜休館。考古遺物の展示もあり、縄文関係もあります。

 


新槙原遺跡|益田市

 旧石器時代の遺跡。説明板があるだけですが、旧石器時代の遺跡らしいその立地を確認してください。

 


順庵原1号墳墓|邑南町

 四隅突出型墳丘墓!

 


邑南町郷土資料館|邑南町

  


さんべ縄文の森ミュージアム|大田市

 火曜日休館。地下展示棟に、三瓶火山の活動によって地下に埋もれた縄文時代の三瓶小豆原埋没林が展示してあります。

  さんべ縄文の森ミュージアムの公式サイトはこちら

 


砂原遺跡|出雲市

 12万年前の石器が出土したとされる遺跡。現地には何もありませんが、やはり地形を見ておくのは大切です。道の駅の近くにあるため帰りがけの休憩がてらチラッと見学します。

  

参加費

2名様参加の場合、お一人様70,000円
3~5名様参加の場合、お一人様60,000円

  

キャンセル料と発生時期

キャンセル料発生日は、開催3ヶ月前の1月24日で、35,000円とさせていただきます。
前日・当日のキャンセル料は、70,000円です。

 

催行人員

最少は2名様、最大は5名様。

 

参加予定メンバー(2月5日現在)

・蕪さん
・勝衛さん
・みっきぃさん
・まだらさん

以上、女性3名様、男性1名様

※ニックネームを教えていただいた方のみ掲示します。




「【残席1名様】4/24~26【3日連続】石見の歴史 <第N次 AICT>」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です