【予告】今年の夏【3日連続】神武天皇の奈良盆地への侵攻ルートをたどる

 

講座概要

 日本書紀によると、神武天皇は、河内国草香村の青雲の白肩津から上陸すると、河内国内を進軍し、生駒山を越えて奈良盆地への乱入を試みました。しかし、失敗して退却し、今度は海路紀伊半島をまわり、再度上陸して、山中を進軍して奈良盆地に入り、橿原にて即位しました。

 本現地講座では、書紀に描かれた神武天皇の進軍ルートを車でたどり、周辺にある遺跡や施設を見学し、神社に参拝します。

 夏場に開催する予定ですので、それほど屋外を歩く時間は設けない予定です。暑さを避けてなるべく楽してめぐりましょう。言ってみれば「神武ドライブ」。

 

本講座のテーマ

 AICTの掲げるテーマの内、本講座は主として「◎」に該当します。

旧石器時代日本人のルーツと列島文化の始まりを探る
縄文時代土器と土偶を楽しもう・列島各地の多様な縄文文化に触れる
弥生時代列島各地における国ぐにの発生と邪馬台国の謎を追う
古墳~飛鳥時代リアル日本書紀・ヤマト王権の確立と古代国家成立への軌跡を探る
古墳~飛鳥時代列島各地の古墳をめぐろう・諸国古墳探訪
奈良~平安リアル続日本紀・列島各地に残る律令国家を見る

 

開催日

2023年夏の予定

 

集合場所と出発時刻

新大阪駅の予定
※詳細は後日発表します

  

宿泊場所

1泊目 未定
2泊目 未定

 

解散場所と帰着時刻

新大阪駅に戻ってきて解散とします。18時30分までには戻ります。

  

探訪箇所

現在、探訪箇所について調査中ですが、以下の箇所は盛り込む予定です。
ただし、到達が難しそうな場所もあるため、無理そうであれば断念する可能性があります。

 


石切劔箭神社

 


天神ノ森遺跡

 


男神社

 


神武天皇聖蹟名草邑顕彰碑

 


男神社

 


下里古墳

 

 


大殿伝承地

 


橿原神宮

 

参加費

45,000円

 

キャンセル料と発生時期

キャンセル料は、開催1ヶ月前発生し、22,500円となります。

 

催行人員

最少は2名様、最大は5名様

 

参加予定メンバー()



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です