【新規設定】2/10~12【3日連続】山背の勢力は最初からヤマト王権の味方だったのか? 山背の古墳と長岡京跡 車version

講座概要

※12月9日~11日に開催する現地講座をレンタカー使用でめぐります。探訪箇所は12月9日出発の歩き版と基本的に同じですが、車でどうしてもいけない場所へは多少歩いていただく可能性もあります。

 纒向古墳群、大和古墳群、馬見古墳群、佐紀古墳群、法隆寺周辺などをシリーズ化してやってきましたが、今回はヤマトを飛び出し、山背(京都府)方面です。恵解山古墳などを擁する乙訓古墳群や桓武天皇の描いた理想の都・長岡宮跡をめぐります。

 三角縁神獣鏡が32面出土した初期古墳・椿井大塚山古墳も訪れます。乙訓古墳群にある元稲荷古墳などとともにヤマト王権発足時の山背の状況を実際の古墳や地形を見ながら考えてみましょう。

 おまけと言ったらオオドちゃんに怒られますが、継体天皇の弟国宮跡推定地にも行きますので、なぜ継体天皇がその地に一時的に宮を構えたのか、こちらも現地の地形を見つつ考察してみてください。

 

本講座のテーマ

 AICTの掲げるテーマの内、本講座は主として「◎」に該当します。

旧石器時代日本人のルーツと列島文化の始まりを探る
縄文時代土器と土偶を楽しもう・列島各地の多様な縄文文化に触れる
弥生時代列島各地における国ぐにの発生と邪馬台国の謎を追う
古墳~飛鳥時代リアル日本書紀・ヤマト王権の確立と古代国家成立への軌跡を探る
古墳~飛鳥時代列島各地の古墳をめぐろう・諸国古墳探訪 山背編
奈良~平安リアル続日本紀・列島各地に残る律令国家を見る

 

開催日

2023年2月10日(金)~12日(日)

 

集合場所と出発時刻

 京都駅に10時に集合してください。
 ※具体的な集合場所は後日お伝えします。

  

宿泊場所

 京都駅近くで連泊でお取りください。
 ※2日目と3日目の集合場所は京都駅ではなく、探訪地の最寄り駅になるため、もろに京都駅の近くでなくてもそれほど影響はありません(地下鉄で1~2駅の場所などにもホテルがあります)。

 

解散場所と帰着時刻

 京都駅まで戻ってきて解散とします。

 

主な探訪箇所

【1日目】

※順番はこの順番ではありません。

 

175
椿井大塚山古墳

 

110
平尾城山古墳

 


北河原稲荷山古墳

 


高麗寺跡

 


京都府立山城郷土資料館

16:30閉館。

 

【2日目】

 どこに行こうか考え中(10月の馬見の現地講座の前に京都府内を下見してきて、面白スポットを探してきます)。

 

【3日目】

 ※集合場所と時刻は未定。
 ※コインロッカーに荷物を預けてからお集まりください。
 ※めぐる順番は変わると思います。

   

128
恵解山古墳

 


長岡京市埋蔵文化財センター

開館時間
平日:8:30~17:00
第2・第4日曜:10:00~16:00
探訪日は第2日曜なので開館している

 

94
元稲荷古墳

 


五塚原古墳

 


物集女塚古墳

 


向日市文化資料館

 


長岡宮跡

 


史跡長岡宮朝堂院公園案内所

  


継体天皇・弟国宮跡推定地

 

参加費

50,000円

最大催行人員

5名様

キャンセル料と発生時期


キャンセル料は、1ヶ月前の1月10日から発生し、25,000円となります

 

【参加予定メンバー】(10月16日現在)

・MTさん

他1名様(残席3名様)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です