6/11 武蔵国府跡 & 武蔵府中熊野神社古墳

※本講座は、どなたでも参加できます(参加資格についてはこちら)。

※府中市郷土の森博物館の展示室が2022年3月まで休館の予定となっているため、1月開催から6月開催に日程を変更しました。

国分寺講座が続いていますが、律令時代を理解するためには国府跡を知っておくことも重要です。律令国家が建設した国府とはいったいどのようなものだったのかを武蔵国を素材として分かりやすく解説します。

また、全国的に珍しい上円下方墳である武蔵府中熊野神社古墳も見学します。

開催日:2022年6月11(土)

集合場所:分倍河原駅の京王線改札口を出たところに9時半までにお集まりください(分倍河原駅は小さい駅ですが、JR南武線で来た場合は改札口の場所が分かりづらいので注意してください)。

分倍河原駅9:49発(平日・土日共通)に乗車して博物館へ向かいます。
 
・府中市郷土の森博物館

数年前にリニューアルしかなり素敵な博物館になりました。府中市内の遺跡に関して詳しく説明してあり、武蔵国府跡の展示は巨大なジオラマもあってとくに素晴らしいですが、旧石器や縄文時代の展示も豊富で、また江戸時代の甲州道中の宿の展示もあり、府中市内のみならず東京の古代史を学ぶ場合は必ず訪れるべき博物館です。

・武蔵国府跡(国司館地区)


・大國魂神社

武蔵国府の中心部分に鎮座する武蔵国総社で、多摩地域を代表する神社です。


・ふるさと府中歴史館

府中市の遺跡に関して少しだけ展示があります。


・武蔵国府跡(中心部)

展示室もあります。


・武蔵府中熊野神社古墳

国内で10例に満たない終末期の上円下方墳で、きれいに復元されてあります。横穴式石室は、隣接して実物大のレプリカが構築されており見学可能。


・御嶽塚古墳

昼食:府中駅周辺で自由昼食

歩程:(地図上)

解散場所:

最少催行人員:2名様
最大催行人員:10名様

※簡易レジュメ付き
※ガイディングレシーバー付き

参加費:参加人数によって変動(最終的には当日決まります)
2~5名 5,000円
6名 4,500円
7名 4,000円
8名~10名 3,500円

【参加予定メンバー】(4月28日現在)

・立石さん
・笠原さん
・勝衛さん
・良おじさん

他1名様、合計5名様 。

※ニックネームを教えていただいた方のみ掲載しています

講座の参加申し込みや問い合わせはこちらのフォームからどうぞ

現在フォーム準備中ですが、メールやコメントなどで受け付けを行っています。



「6/11 武蔵国府跡 & 武蔵府中熊野神社古墳」への2件のフィードバック

    1. 笠原泰子さん

      いつもご参加ありがとうございます。
      府中もお申込み承りました。
      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。